スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
甘い香りを辿れば菜の花1
P3150003.jpg

お久しぶりです。
気がつけば、一ヶ月以上ブログ更新を放置していました。
その間にもここを訪れていてくださった方々が居て、恐縮です。
学校のテスト、寮の大掃除などイベントが耐えなく、学期末が忙しかったのは、言い訳になりませんが…
とりあえず、葵傾は無事生きていました。
ご無礼をお許し下さい。

15日に、東京ディズニーシーに行って参りました。
卒業旅行に訪れた入場者で、人の波をかき分けて進まねばならないほど込んでいて、写真を撮る余裕が無かったのですが、ふと落ち着いた時に、幾枚か。
撮影したものを、載せていきます。

こちらは、菜の花。
春の日だまりに漂う、甘く、温かい独特の香り。その源を辿ると、行き着く場所は、菜の花と決まっています。
太陽の光を受けて、輝くような鮮やかな黄色。若々しい柔らかな緑の葉との対比。
菜の花畑というのは、とても平和的な風景だと思いませんか。
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

【2009/03/23 00:59 】 | 春の花 | コメント(2) | トラックバック(2) | page top↑
赤いボストンバッグ
red bag
通信販売セシールで購入した、ボストンバッグの赤いタイプ。
チェックの中に金のライン、サイドポケットが可愛くて、
こういうティーン向けの小物は今まで手を出したことがありませんでしたが、
一目見て、すぐに注文してしまいました。
持ち手も肩掛け用と手持ち用の2WAYで、さり気なく便利です。
寮にいるとお出かけする機会が少ないので、あまり日常の中で使うことはありませんが…
部屋の隅の壁にかけてあるだけで、なんだか気分が華やぐ、お気に入りのバッグです。

宣伝するつもりはありませんでしたが、購入ページを紹介しておきます。
セシールの通販ページ

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

【2009/02/10 09:04 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(2) | page top↑
apple3.jpg
上から見たりんご。
決してまんまるではなく、多少いびつな形の方が、愛情が湧きます。
真っ赤なFruitと言えば、Sound HorizonのYieldを思い出しますね。

apple4.jpg
齧ると汁が多く、蜜がたっぷり詰まった、甘い甘い、りんごでした。
部屋の中がほんのり良い香りに。
相方が「なんだかいい匂いがする」と言っていました。
りんごの季節が終わる前に、また食べたいですね。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

【2009/02/06 21:55 】 | 花以外の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
みにりんご
apple1.jpg
親が差し入れで寮に持って来てくれた、ミニサイズのりんご。
赤くて丸くて可愛くて、ついフィルムに収めたくなってしまいました。
ちょうど勉強をしている時だったので、ノートの上に置いて撮影開始。
白い紙のお陰で、きれいにりんごの赤が映えて。
なんだか素材や壁紙にも使えそうな写真が焼き出されました。

apple2.jpg
ちょうどこの写真を、私のMacBookのデスクトップに設定しています。
Appleコンピューターだけに、ぴったり。

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

【2009/02/03 20:47 】 | 花以外の自然 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
剣道場の脇の梅
baika.jpg
夕暮れの薄闇の中に、たくさんの白い点。
あられがまき散らされたかのような、梅の花のほころぶ様。
もうそんな季節なのですね。
つい先日までは枯れ枝のようだったのに、初めは1個2個だった花が、
いつの間にか木全体を飾り立てるように花開いて。
今ではその周囲の乾いた大気に、華やかで優美で、淑やかな深い梅の香りを
含ませています。
寒い寒い1月の日没後、フラッシュを焚かずにマクロで映し出しました。
あの真っ白で柔らかそうな花びら、幽玄な梅花の佇まいを再現するのは難しいですね。
時間も無く、階段の途中から撮らねばならなかったので、あまり丁寧に構図を見当することができませんでした…また、撮りたいです。

もう春ですね。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

【2009/01/31 08:46 】 | 春の花 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。